活動報告

ちょっとだけ文化を変えてみませんか。卒業生祝賀会開催

                    2016年3月24日 組織委員長 柳田正義

 3月24日(木)法政大学学位授与式(卒業式)が行われ、式終了後、法学部教授会と法学部同窓会の共催で卒業を祝う会を開催しました。

 今年は3年生の有志も企画に加わり、卒業を祝う会にふさわしい雰囲気の会場設定となり、多くの卒業生が参加し賑やかな会になりました。

 今年の卒業生が入学した2012年の法学部長で現法政大学常務理事の廣瀬克哉教授からの祝辞で、「ちょっとだけ文化を変えてみませんか。法政の卒業生は群れないと良く言われますが、社会における人の繋がりを豊富にするため、法政大学卒というアイデンティティをもっと表に出す文化が育まれても良いのではないかと思います」との卒業生への餞の挨拶がありました。

 締めくくりは、応援団・チアガールによるデモンストレーションと全員で校歌を斉唱して閉会しました。

司会は3年生

司会は3年生

 

20160324エコピョン20160324校歌20160324廣瀬s

平成27年度定期総会・懇親会 2015年7月25日(土)アルカディア市ヶ谷

 第一部 定期総会

 司会:前本正彦理事

物故者に対する黙祷を捧げてから定期総会議事に入りました。

・金子征史会長から開会の挨拶

 退職をして表から見た法政大学を実感するような日が続いて、厳しい評価も聞こえてきます。最近は女性総長が活躍されているなど話題は尽きませんが、スポーツの低迷だけが気がかりです。法学部学生の最近の就職は好調であり、卒業生も活躍されていることもあり評価は高いようです。同窓会は、法学部、法政の学生のために寄与していきたいと考えています。

 ・廣瀬克哉法政大学常務理事挨拶

 オリンピックより10年先の2030年に創立150年を迎えます。150年に向けて、持続的に活躍し続ける人材を送り出せるあるべき法政大学の姿を全学を上げて取り組んでいます。これから卒業していく学生も、先輩達と共に社会の中で活躍の場を持てるよう連携・協力して取り組んでいきたい。

 ・髙友希子法学部教授会副主任挨拶

 法学部の取り組みについて説明された後、同窓会の皆様へのお願いとして、寄付講座の開設とインターンシップ先の紹介をお願いしたいとの挨拶がありました。

 ・木内均衆議院議員挨拶

 自民党の中に管義偉先生が会長となり法友議員連盟を立ちあげたとの報告と挨拶がありました。

 ・定期総会議事

 「お知らせ」を参照して下さい。

・留学生スピーチ

 法政大学第34回留学生日本語スピーチコンテスト最優秀賞を受賞したウズベキスタン共和国出身の「コシモワ グルノラホン」さん(国際文化学部3年)から、受賞作「言語のゴール」と題して、言語の勉強は話せるだけでなくその言語の背景にある世界を知ることが大切であるとするスピーチを披露していただきました。

 IMG_2509 IMG_2513 IMG_2547

 

第二部 講演会

 講師:山本浩法政大学スポーツ健康学部教授

 演題:一人一人の声を聞け/スポーツ界激動の時代

 なでしこじゃぱんの活躍には情報が不可欠だったこと、オリンピック体操の公認器具には規格許容範囲に幅があり、情報把握が極めて大事であること、オリンピックは外国の情報が入ってくると共に日本の情報が出ていくことにより、世界と違う日本を知ることができ、社会を変える力になること、一人一人を大切にしなければならない少子化時代が来ていることなどについて、プロジェクターを利用しながらの素晴らしい講演を聞くことができました。

第三部 懇親会

 司会:梶尾信禎理事

 開演にあたり五明理事長からの挨拶があり、来賓としてご出席された桑野校友会会長、細谷後援会総務、岡本理系同窓会会長からご挨拶をいただきました。桑野校友会会長から、多くの法学部出身者が校友会幹部に就任していただき、一般社団法人としての校友会がスムーズに展開できたことへの感謝の挨拶がありました。

  来賓として出席された経営者懇談会、文学部同窓会、経営学部同窓会、二高同窓会、建設・不動産橙法会、学部事務課長、学部事務課法学部担当主任、同窓会顧問の方々の紹介に続き祝電が披露されました。

 乾杯は下森定顧問。総長をされていたときに卒業する学生に贈った言葉を引用し、「心に太陽を保とう」という言葉を贈りたい。ロマンと勇気と情熱、他人への思いやり、温かい心が必要です。との挨拶で乾杯し、墾談に入りました。羽田空港から駆けつけた栂野(つがの)島根県校友会会長から島根県民謡の関の五本松が披露されました。

 応援団のパフォーマンスがあり、肩を組んで校歌を歌い再会を約して閉会しました。

IMG_2593IMG_2602IMG_2685

 

 

法律学科学生によるゼミ対抗野球大会報告

                       平成27年6月25日

                        報告者 事務局長 齊藤友嘉

 2015年度法政大学法学部法律学科ゼミ対抗野球大会が実施されました。

20チームが参加し,6月15日,16日の予選リーグを勝ち抜き,和田ゼミ,堀井ゼミ,山本ゼミ,西田ゼミが決勝ラウンドに進出しました。

 決勝ラウンドは,6月18日が雨天だったため6月25日に延期して実施されました。

決勝戦は,熱戦となり,終盤に両チームが得点し,同点のまま試合終了となりました。そのため,出場者全員が順次ジャンケンし,その結果で勝敗を決しました。

決勝ラウンドの結果は,次のとおりでした。

  優 勝 堀井ゼミ

  準優勝 和田ゼミ

  3 位  西田ゼミ

  試合終了後,法学部同窓会として表彰を行いました。金子征史会長から,優勝した堀井ゼミには賞状と賞金2万円,準優勝の和田ゼミには賞状と賞金1万円,3位の西田ゼミには賞状と賞金5000円を,それぞれ授与しました。

 表彰後,金子会長からは,この野球大会が金子ゼミ外2チームの対抗戦から始まった歴史が紹介され,また参加者への激励の言葉が述べられました。

齊藤事務局長からは,来る7月25日(土)の定期総会の案内と参加の呼びかけがなされました。

卒業祝賀会を開催

2015年3月24日

組織委員長 柳田正義

 

大規模工事中の市ヶ谷校舎での卒業祝賀会

 今年も3月24日午後5時半からフォレストガーデンにて、法学部と法学部同窓会共催の卒業祝賀会が開催されました。

今年は、55年間・58年間取り壊しに伴う大規模工事の為、正門から広場付近全体が使用できず、例年にも増した混雑の中で、学位記の授与が行われ、各学部の卒業祝賀会が実施されました。

法学部では、毎年卒業生に提供するものはサンドイッチと飲み物という軽いものですが、綺麗に着飾った女子学生や、スーツを着こなした男子学生が多数集まり、久々に会った級友達と楽しそうに談笑する姿が印象的でした。

IMG_1917

工事中の構内

 

IMG_1937

みんなで記念写真

  IMG_1930 IMG_1936

 

 主催者として大野達司法学部長と金子征史同窓会会長の挨拶、参加された法学部の先生方の祝辞が続き、やっと卒業祝賀会の雰囲気になり、五明理事長による祝辞と乾杯の後は、賑やかな宴となりました。

 先生方も12名参加して下さいました。卒業生達が恩師の先生方と談笑をしたり、一緒に記念写真を撮ったりするなど和やかな、卒業式らしい情景が随所で見られました。

 

卒業生代表2名からのお礼の挨拶

 宴たけなわの頃、同窓会理事の須永茂雄、岸岡正比古両氏より卒業生に対しお祝いと激励の挨拶がありました。これに対し森本じゅんぺい君(野球部、内野手)と中根美月さん(地銀勤務予定)から、卒業生を代表して、お世話になった先生方や祝賀会開催の法学部及び法学部同窓会に対するお礼の言葉と卒業生全員に対する激励の言葉がありました。

IMG_1945 IMG_1949 IMG_1952 IMG_1953 IMG_1957 IMG_1960 IMG_1963 IMG_1967 IMG_1968 IMG_1969

  

祝辞と乾杯、来賓あいさつ

 

参加者全員で肩を組んで校歌を

 最後は、応援団のセレモニーがありました。応援歌やチアリーダー5名のパフォーマンス等華やかなものが続き、応援団長のリードのもと、先生方・卒業生・OB・OGが一緒に肩を組み、大きな円陣を組んで校歌を斉唱し大いに盛り上がりを見せ、午後7時前に閉会しました。

近年は、学生達同氏でも肩を組んで校歌を歌う経験は少なくなっているようですので、卒業生にとって何よりの思い出になったことでしょう。

IMG_2003 IMG_2008 IMG_2012 - コピー - コピー IMG_2013 - コピー IMG_2014 IMG_2015 - コピー IMG_2016 IMG_2025

 応援団登場!そして法政わが母校、エールへ。

金子征史教授退職慰労会で心強い意思表明

 

                           2015年⒉月11日 組織委員会

1月31日(土) アルカディア市ヶ谷

 法学部同窓会の金子会長が法政大学を定年で退職することになり、法学部同窓会と外濠法相会の共催で退職慰労会を開催しました。当日は50名を超える参加者で賑やかで和やかな会となりました。

 昨年12月20日には、金子教授の最終講義が外濠校舎で行われ、OBが聴講できたことから400名が入る大教室に補助椅子が必要なほどの盛況でした。学生に対し、「法政は潜在能力のある学生が多い。学生は自信を持ってその潜在能力を最大限に引き上げて欲しい」とのメッセージがありました。

 本日の慰労会では、五明理事長から主催者代表挨拶に続き、廣瀬法政大学常務理事、大野法学部長、桑野校友会長、佐久間後援会副会長から祝辞を頂き、林校友会事務局長の乾杯で始まり、多くの方からの祝辞を頂き、田子忠雄氏(元最高検検事)からは、大学がある団体に占拠されていた当時、先頭に立って対処され大変な苦労をされたことなどが話されました。

 金子先生から、弁護士志望から研究者になったいきさつや学生会館を取り壊し現在の外濠校舎が建てられることになったときのこと、ゴルフの話、退職後は法政大学のためや、全国どこでも機会があれば労働講座などに出かけ社会貢献をしたいなどが意欲的に語られました。また、同窓会長も続けられるとの心強い意思表明がありました。

金子先生ご挨拶

 最後に全員で肩を組んで校歌を斉唱、関口外濠法相会長の閉会の辞でお開きとなりました。(組織委員会)

法政大学校歌

 

3 / 512345

Copyright 法政大学法学部同窓会. All Right Reserved.