お知らせ

2019(令和元)年度法学部卒業生祝賀会の中止について

 法政大学の第138回学位授与式(卒業式)は、新型コロナウイルスのため中止となりました。      法学部同窓会では法学部と共催で卒業式の当日、「法学部卒業生祝賀会」を開催しておりますが、祝賀会も中止となりました。

 同窓会では、2001年度から「法学部卒業生に贈る」という冊子を作成し卒業生に配布しております。冊子の内容は、法学部長、同窓会会長のご挨拶のほか法学部教員の先生方、校友会、後援会などの団体の代表者および当同窓会の理事の方々からの祝辞を掲載しております。

 本年度も和田幹彦法学部長ほか、神谷、高、建石、浜村、藤本、杉田、福田、高橋、大澤、大野、森の各教授および下森定名誉教授からのメッセージを頂戴しました。

  卒業生の皆様のますますのご活躍を祈念します。

2019年度第11回理事会議事録

2019年度第11回理事会議事録

 

日 時 2020年3月12日(木)午後6時~

場 所 ボアソナードタワー25階 校友談話室

出席者 28名(委任状出席者13名)

 

議事次第

 

1 2019(令和元)年度法学部卒業生祝賀会について

  • 齊藤事務局長から,新型コロナウィルスの関係で法政大学の卒業式が中止となり,法学部卒業生祝賀会も中止となった旨の報告がなされた。

○ 「法学部卒業生に贈る」は,学位記授与が行われる教室において配布することができる見込みなので,発行することに決定した。なお,法学部同窓会への入会案内と入会申込書を「法学部卒業生に贈る」に刷り込むことになった。

2 2020(令和2)年度定期総会について

〇 講演会の講師は,中込一洋弁護士に決定した。テーマは,相続法の改正に決定した。

〇 定期総会の会員向け案内は,5月22日(金)までに会報を発行し,同会報と一緒に発送する。

○ 来賓リストは4月理事会までに作成し,4月中に招待状を発送する。

○ 決算書,予算書,前年度活動報告,今年度活動計画の一次案を5月理事会に上程し,6月の理事会において確定する。

○ なお,山嵜正俊理事から,法政大学校友会の代表議員会議が6月27日(土)に予定されており,その懇親会場が「つどひ」を予定しているので,法学部同窓会の懇親会との調整が必要であるとの指摘があった。

3 委員会からの提案・報告

(企画委員会)

〇 梶尾委員長から,東京六大学野球春期リーグ戦の観戦について,5月9日(土)明治大学戦を企画したとの説明があった。

(広報委員会)

  •  佐藤委員長から,「法学部卒業生に贈る」の発行を準備していること,次号の会報一面の記事は,金子会長にお願いしたいとの説明がなされた。

5 その他

  •  年運営費(年会費)の重複納付について

2020年1月以降に年会費の重複納付が多発したことについて協議した。その結 果,重複納付された年会費は来年度分として経理処理すること,重複納付者に対 し,個別に,重複納付があったことから来年度の年会費の納付は不要である旨の 通知書を送付することに決定した。

〇 寄付口座の講師慰労会について

5月25日,26日,28日,29日の夕刻に開催するべく,関係者と日程調整することになった。

  •  2020年オール法政新年会の報告原稿(会報用)について

岸岡理事が執筆することになった。

  •  齊藤事務局長から,各委員会委員長に対し,委員会委員のリストを整備して貰いたいとの要請がなされた。

 

● 次回理事会

2020年4月23日(木)18:00~ 場所未定

以上

2019年度第10回理事会議事録

2019年度第10回理事会議事録

 

日 時 2020年2月20日(月)午後6時~

場 所 ボアソナードタワー25階 校友談話室

出席者 29名(委任状出席者13名)

 

議事次第

 

1 法政大学校友会 第4期ブロック理事候補者推薦について

〇 齊藤事務局長から,前回理事会において,正副会長に人選を一任されたことを受け,検討の結果,理事候補者として池上貞純理事,次点候補者として佐々川直幸理事が人選された旨の報告がなされた。

2 2019(令和元)年度法学部卒業生祝賀会について

  •  齊藤事務局長から,法政大学の学務部学部事務課の法学部担当職員との打合状況について,以下のとおり報告がなされた。

* 卒業式は両国国技館で行われるが,学位記授与は市ヶ谷キャンパスの外濠校舎で行われ,卒業生祝賀会はゲート棟3階の「つどひ」で行う予定である。

* 法学部同窓会の拠出する費用額は55万円である。

* その他イベント,学生の協力者等については,法学部担当職員の方で準備を進めている。

○ 応援団の出演依頼は,梶尾副会長が担当することになった。

○ 大学院修了式と留学生卒業祝賀会には,法学部同窓会から理事を派遣することを確認した。

3 2020(令和2)年度定期総会について

〇 開催日程は,2020年6月27日(土)と決定した。

〇 田中副会長から,会場は,市ヶ谷キャンパスゲート棟のG201教室と「つどひ」を確保する予定であるとの経過説明がなされた。

○ 講演会の講師について,相続問題をテーマとして,専門的知見を有する弁護士に依頼することを検討することとなった。

○ 次号の会報は,定期総会の案内を同封して発送することから,早めに発行することになった。

4 委員会からの提案・報告

(組織委員会)

  •  佐々川理事から,「卒業生に贈る」の祝賀メッセージを法学部教員に募集していることの報告がなされた。

(企画委員会)

〇 梶尾委員長から,東京六大学野球春期リーグ戦の観戦を企画中であることの報告と,3月1日が五明公男前理事長の一周忌であることから,墓参の呼びかけがなされた。

(広報委員会)

  • 下西副会長から,広報委員会の体制について,世代交代ないし強化策を検討すべきとの意見が出され,重要課題として検討することになった。

5 その他

  •  田中副会長から,法政大学法学部創立100周年事業について,法学部における準備状況について報告がなされた。

〇 齊藤事務局長から,学部同窓会協議会2019年度第3回理事会ついて報告がなされ,①各学部同窓会が一体化して校友会の代表議員を選挙する問題,②各学部同窓会が共同で定期総会の際の祝賀会を開催する問題について,それぞれ委員会を設けて検討することになったとの説明があった。

  •  4月以降の理事会の日程が,以下のとおり決定した。

4月23日(木)午後6時から 場所未定

5月21日(木)午後6時から 場所未定

6月11日(木)午後6時から 場所未定

 

● 次回理事会

2020年3月12日(木)18:00~ 校友談話室

以上

2019年度第9回理事会議事録

2019年度第9回理事会議事録

 

日 時 2020年1月20日(月)午後6時~

場 所 ボアソナードタワー25階 校友談話室

出席者 27名(委任状出席者10名)

 

議事次第

 

1 法政大学校友会 第2期代表議員選挙について

〇 齊藤事務局長から,齊藤友嘉,岸岡正比古両理事が無投票で当選した旨の報告があった。

2 2020(令和2)年度定期総会について

〇 開催日程は,2020年6月27日(土)を第1候補日とし,金子会長の意向を確認することになった。

〇 会場は,市ヶ谷キャンパスゲート棟の教室と「つどひ」を利用することとし,教室の確保は田中義教副会長に担当して頂くことになった。

○ 講演会の講師として,以下の方々の名前が挙がり,さらに検討することになった。

* 為末 大氏 田淵幸一氏 朝日健太郎氏 山本浩二氏 坪田智夫氏(駅伝監督)

3 組織委員会委員長の選任について

〇 協議の結果,藤田明義理事と佐々川直幸理事が委員長と副委員長に選出された。どなたが委員長または副委員長に就任するかは,両理事の協議に委ねられた。

4 年運営費2000円を支払中の会員の終身会費額について

○   齊藤事務局長から,年運営費2000円を支払中の会員から,電話で,終身会費は幾らになるかとの問い合わせがあったことの報告があり,協議の結果,原則どおり8万円とすることに決定した。

5 その他

〇 田中義教副会長から,法政大学校友会の理事候補者を,法学部同窓会から1名人選する必要があるとの説明があり,正副会長と事務局長に人選を一任することになった。

 

● 次回理事会

2020年2月20日(木)18:00~ 校友談話室

 

                                                                                                           以上

2019年度第8回理事会議事録

2019年度第8回理事会議事録

 

日 時 2019年12月17日(火)午後6時~

場 所 ボアソナードタワー25階 校友談話室

出席者 27名(委任状出席者9名)

 

議事次第

 

1 法政大学校友会 第2期代表議員選挙について

〇 齊藤友嘉,岸岡正比古両理事が立候補することを確認した。

2 2020(令和2)年度定期総会について

〇 齊藤事務局長から,経営学部同窓会の岩井昭会長より、各学部同窓会の定期総会の際の懇親会を合同で行ってはどうかとの提案がなされており、法学部同窓会でも検討して欲しいとの要請があった旨の説明がなされた。

〇 協議したところ、以下のような意見が出された。

*懇親会を他学部同窓会と合同で行うことは、その段取りや手続において可能かどうか不明である。

*各学部同窓会の定期総会の日程はバラバラであるが、懇親会を合同で行うことは可能か。

*準備は誰がするのか。あるいは何処の同窓会がするのか。

*合同で行うことのメリットとデメリットを整理し明確にすることが先決である。

*合同で行うことにより、懇親会のスケールメリットを発揮する余地があること、懇親会の参加者が増え、盛り上がりのある懇親会となり得ること、来賓は、一度の懇親会出席で済むようになるなどのメリットが考えられる。

*来年度は、法学部創立100周年の行事があり、そちらに注力する必要がある。

*来年度に実施することには無理がある。

*各学部同窓会の日程や、当日のタイムスケジュールの調整が大変になるのではないか。

○ 協議の結果、2020年度に合同の懇親会を実施することは無理があると判断された。ただし、2021年度に実現可能かどうかについては、検討を進めることになった。

3 組織委員会の今後について

〇 齊藤事務局長から,12月17日付で宮下正博委員長から退任届けが提出されたこと、合わせて理事の辞任届も提出されたことの報告がなされた。

〇 宮下委員長の退任に伴い、今後の組織委員会のあり方について意見交換が行われ、以下のような意見が出された。

*組織委員会の担当業務を整理し、明確化を図るべきである。

*委員の連絡網を確立する必要がある。

*運営規程に定める組織委員会の業務の内容と現実の担当業務の内容を突き合わせて検討し、見直しを検討するべきである。

*「若い人」の委員会への参加を推進すべきである。

4 委員会からの提案・報告

(広報委員会)

〇 齊藤事務局長から,会報第39号は、発行日が12月26日になるとの報告があった。

5 その他

〇 2020年2月、3月の理事会の日程が以下のとおりに決定した。

  2月20日(木)18:00~ 場所:未定

  3月12日(木)18:00~ 場所:未定

 

● 次回理事会

2020年1月20日(月)18:00~ 校友談話室

以上

2 / 2312345...1020...最後 »

Copyright 法政大学法学部同窓会. All Right Reserved.